毎日をパンケーキと

スイーツ対ミール

パンケーキには、スイーツ系とミール系の二種類があるということをご存知でしょうか。
焼き上がりが分厚く、ふわふわとした食感のタイプと、薄く焼きあげたものを何枚も重ねるタイプがあるということは多くの人が知っているでしょうが、パンケーキに、こんがり焼いたソーセージやオムレツを添えて提供するスタイルがあるということは、あまりスイーツを食べない、スイーツに興味がない人には知られていないのではないでしょうか。
パンケーキとスイーツをイコールで結ぶ人は多くても、食事とイコールで結ぶことができると考える人はあまり多くないのかもしれません。
ですが、知らないということは、「損をしている」と考えるべきでしょう。
それくらい、ミール系のパンケーキはメジャーなものになってきていますし、男女問わず人気にもなっているのです。

スイーツ系というのは、フルーツやクリーム、ナッツ類やチョコレートなどがトッピングされたものを指し、ミール系は、食事の代わりになる、食べごたえのあるものを指します。
ミール系は、パンケーキに、サラダやオムレツ、こんがりと焼いた厚切りベーコンやジューシーなソーセージなどを添えたもので、ブランチやランチとして人気が高まっています。
卵や肉を使ったもののほかに、サーモンやチーズをたっぷりと使ったメニューを提供しているところだけでなく、それらにかけるソースも、クリーム系や明太子、トマトソースなどと種類が豊富なことから、毎日通っても飽きません。
さらに、その日の気分や体調に合わせてさまざまなバリエーションの中から選べるようになっているのも人気が高い理由のひとつです。

また、「旬」のメニューがあるのも、何度も通いたくなる要因のひとつでしょう。
フルーツには「旬」があることから、季節ごとにメニューを変える専門店も多く、その時にしか食べられないパンケーキを目当てに訪れる人も多いのです。
中には、希少な果物を取り寄せて使用している専門店もあるので、日ごろはミール系ばかり食べているという人は、ぜひ一度、旬の果物を使ったパンケーキを味わってみてはいかがでしょうか。
ミール系にはミール系の良さが、スイーツ系にはスイーツ系の様々な良さがあるので、どちらかしか知らない、味わったことがないという人は、ぜひ、別な方を味わう機会を作ってみてください。
そうすれば、きっといままで以上にパンケーキを好きになるでしょうし、また行きたいと思うようにもなるでしょう。